東洋の宝石翡翠の秘密

最新の翡翠情報まとめ

中国や東南アジア地域を旅行すると、土産物屋などに販売されている深緑色の半透明な宝石を目にすることがあります。
緑色の宝石は翡翠(ヒスイ)で、東洋では特に人気が高い宝石のひとつです。
中国では玉(ギョク)と呼ばれ、金と同じかそれ以上の価値がありました。
古代中国ではこの石に不老不死や再生をもたらす特別な力があると信じられていて、装飾品の他に器や彫刻などに加工されていました。
ちなみに縄文時代の日本の遺跡でも装飾品に加工された石が数多く出土しています。

宝石買取の基礎知識|翡翠とはどんな石?

宝石買取の基礎知識|翡翠とはどんな石? 翡翠とは深緑色の宝石で、化学組成が異なる2種類の石(硬玉と軟玉)の2種類があります。
化学的には全く別の石ですが、見た目が非常に似ているので両方とも翡翠と呼ばれています。
アクセサリーに使用されるのは硬玉で、軟玉の方は彫刻などに利用されます。
一般的に翡翠は緑色または深緑色の石が多いのですが、中にはピンク・薄紫・青・黒などの翡翠もあります。
中国や東南アジアで人気が高いので、独自の販売ルートを持っている買取専門店に持ち込めば高額で買い取ってもらえる場合があります。
最も高価なものは新潟県糸魚川市で採れる紫(ラベンダー)色の翡翠で、1カラットの大きさで数十万~数百万の値段が付くことがあるほどです。
買取専門店に持ち込むと、一般的な緑色の石でも高価で買い取ってもらえます。

翡翠の買取とはどんなことに気をつけたらいいのか

翡翠の買取とはどんなことに気をつけたらいいのか 翡翠は日本での歴史が最も古い宝石だと言われています。
縄文時代の歴史から翡翠は出てきており、約7000年前に新潟県で発見されたということです。
この時の時代から日本で宝石の文化の始まりとも言われているほど、翡翠は日本の宝石文化を作った宝石だと考えられています。
翡翠とは、日本の宝石の中でも長い歴史を持った宝石であり、買取専門店でも人気が高い商品でもあるといいます。
専門店に持ち込むときには、事前にお店のホームページなどを確認しておきましょう。
ホームページやブログには、宝石の買取価格や実績などが掲載されていることが多いです。
また、専門知識を持った鑑定士がいることを確認しておくことをお勧めします。
鑑定士がいるお店なら、実績があって査定価格も掲載されているところだということを確かめてから、持ち込むようにしましょう。
実績があるお店なら安心して査定をしてもらうことが出来ます。
翡翠だけではなく、他の宝石などの買取の実績も確認することが出来たら、鑑定士の名前、お店の評価なども確かめて持ち込むといいです。
宝石を取り扱っているお店に持ち込む前に、実績や査定価格だけではなく、査定金額の相場を考えて納得出来たら買い取ってもらうことをお勧めします。

翡翠に関する情報リンク

翡翠 買取

新着情報

◎2018/8/3

等級で買取価格は変わる?
の情報を更新しました。

◎2018/6/28

翡翠の性質を知ろう
の情報を更新しました。

◎2018/5/16

サイト公開しました

「翡翠 石」
に関連するツイート
Twitter

ジェダイト 浄化方法:日光浴:◎ 月光浴:◎ 水晶:◎ セージ:◎ 浴水:◎ 塩(粗塩):× 4月20日の誕生日です。和名・本翡翠だと1月1日の誕生日になります。

RT @mai_yoneda: おっはよ~!🌾✨ 今日は #いいの日 💎 県の花や県の鳥のように 県のがあるのをご存知ですか? 新潟県では糸魚川のヒスイや 佐渡の金が選ばれています!✨ 実は新潟という鉱物も あるんですよ~‼️ 今日は道端のを気にしながら 外を歩…

ハンドメイドマーケットminneで1連=約60個前後☆6㎜ 台湾翡翠(ジェイド)☆5月の誕生【si82】(350円)の販売を開始しました! minne.com/items/12813848

Twitterうさぎの素材屋さん@usaginosozai

返信 リツイート 9:19

RT @kaiuzMP: 更に、千国街道のもう片端、新潟県糸魚川市は翡翠の名産地である その旨は弾アマでも語られる そして翡翠を大量に投げつけるスペカである諏訪子の『姫川「プリンセスジェイドグリーン」』には色違い弾幕が混ざるのだが、それを見たはたては、翡翠にキツネが混じって…

顔を上げる。私の翡翠と、彼女の漆黒の瞳が交わる。 思わず目を見張った。妹の瞳は静かに凪いで、そう、黒曜のように深く静かで。 その唇はまるで、落ち際を知った椿のように優しく微笑をたたえていた。 『散華』:蓮華

Twitter夕橋紫苑短編bot@moonlit_story

返信 リツイート 6:57

歌仙「伊達の…ほら、新しく来た短刀の子がいるだろう。あの子が付けているが何なのか気になっているんだけど、僕の見立てでは黄色がトパーズ、青がタンザナイト、緑がヒスイだと思うんだ。どうだろうか? ……なに、本人に確かめてみないのかって?それは…まあ、うん、今度機会があれば…」

Twitter理科準備室本丸@rikahon0

返信 リツイート 6:36

*^∀^) < ダイヤモンドではなく、アメジストでもなく。強いて言うなら月長、虎目、瑪瑙或いは稀に翡翠

ル「黒曜、からも何かわかるの?」ロ「交易が行われていたということだ。長野の和田峠からとれるはずの黒曜が北から南まで幅広い地域で発見されている。これは交易をしたという証拠なんだ。他にも新潟の姫川で取れるひすいが有名だな。」ル「えっと…」ロ「これも図解を見た方がわかりやすいな。」

Twitterアルバトロスの日本史講座bot@study_bot_J

返信 リツイート 4:12

翡翠は、5月の誕生。名前はカワセミに由来するという説があるわ。言葉は長寿、健康、徳。実は翡翠は、異なる二種のである、硬玉(ヒスイ)と軟玉(ネフライト)の総称よ。不死や復活の象徴として、遺体を翡翠で覆う文化もあったみたいね。例としては、始皇帝の遺体とか。

Twitter超蓬莱☆エクストリーム・輝夜@teruyo_bot

返信 リツイート 3:33

@zombiefairy007 ネフライト 翡翠の内でも軟玉を指す みずほさんにロシアの印象が強く、まずロシア産出鉱の中から探したのですが、絵の柔和な色合いや装丁のデザインをされている事から、工芸品としても有名な此方だ!と 折角なので、写真も仕立てになっているもので pic.twitter.com/nYvySgVfni

Twitterはだり(義体)@hadalie_hadalie

返信 リツイート 1:41

Copyright (C) 2018 東洋の宝石翡翠の秘密. All Rights Reserved.