東洋の宝石翡翠の秘密

最新の翡翠情報まとめ

中国や東南アジア地域を旅行すると、土産物屋などに販売されている深緑色の半透明な宝石を目にすることがあります。
緑色の宝石は翡翠(ヒスイ)で、東洋では特に人気が高い宝石のひとつです。
中国では玉(ギョク)と呼ばれ、金と同じかそれ以上の価値がありました。
古代中国ではこの石に不老不死や再生をもたらす特別な力があると信じられていて、装飾品の他に器や彫刻などに加工されていました。
ちなみに縄文時代の日本の遺跡でも装飾品に加工された石が数多く出土しています。

宝石買取の基礎知識|翡翠とはどんな石?

宝石買取の基礎知識|翡翠とはどんな石? 翡翠とは深緑色の宝石で、化学組成が異なる2種類の石(硬玉と軟玉)の2種類があります。
化学的には全く別の石ですが、見た目が非常に似ているので両方とも翡翠と呼ばれています。
アクセサリーに使用されるのは硬玉で、軟玉の方は彫刻などに利用されます。
一般的に翡翠は緑色または深緑色の石が多いのですが、中にはピンク・薄紫・青・黒などの翡翠もあります。
中国や東南アジアで人気が高いので、独自の販売ルートを持っている買取専門店に持ち込めば高額で買い取ってもらえる場合があります。
最も高価なものは新潟県糸魚川市で採れる紫(ラベンダー)色の翡翠で、1カラットの大きさで数十万~数百万の値段が付くことがあるほどです。
買取専門店に持ち込むと、一般的な緑色の石でも高価で買い取ってもらえます。

翡翠の買取とはどんなことに気をつけたらいいのか

翡翠の買取とはどんなことに気をつけたらいいのか 翡翠は日本での歴史が最も古い宝石だと言われています。
縄文時代の歴史から翡翠は出てきており、約7000年前に新潟県で発見されたということです。
この時の時代から日本で宝石の文化の始まりとも言われているほど、翡翠は日本の宝石文化を作った宝石だと考えられています。
翡翠とは、日本の宝石の中でも長い歴史を持った宝石であり、買取専門店でも人気が高い商品でもあるといいます。
専門店に持ち込むときには、事前にお店のホームページなどを確認しておきましょう。
ホームページやブログには、宝石の買取価格や実績などが掲載されていることが多いです。
また、専門知識を持った鑑定士がいることを確認しておくことをお勧めします。
鑑定士がいるお店なら、実績があって査定価格も掲載されているところだということを確かめてから、持ち込むようにしましょう。
実績があるお店なら安心して査定をしてもらうことが出来ます。
翡翠だけではなく、他の宝石などの買取の実績も確認することが出来たら、鑑定士の名前、お店の評価なども確かめて持ち込むといいです。
宝石を取り扱っているお店に持ち込む前に、実績や査定価格だけではなく、査定金額の相場を考えて納得出来たら買い取ってもらうことをお勧めします。

翡翠に関する情報リンク

翡翠 買取

新着情報

◎2018/8/3

等級で買取価格は変わる?
の情報を更新しました。

◎2018/6/28

翡翠の性質を知ろう
の情報を更新しました。

◎2018/5/16

サイト公開しました

「翡翠 石」
に関連するツイート
Twitter

ジェイドの言葉は「安定」「知恵」「調和」。翡翠とも呼ばれるね。この、透明度が高いほど価値が高いんだって。いつか君に…なんてね?/白夜

Twitter石言葉を教えてくれる白黒純夜夢bot@stone_monoj

返信 リツイート 7分前

銀次さんはサファイア。言葉は高潔・崇高。人のサポートが好き。目標を貫徹できる人。集中力や直観力に秀でている。人のことを世話するあまり自分のことはおろそかに。人によって話し方や態度を変える傾向。翡翠の人とは友人関係。 shindanmaker.com/592738 青く光る宝ヽ(*´∀`)

Twitter銀次 / ᎶᏐℕℑᏐ@GIN_X_JI

返信 リツイート 31分前

箱事を衛宮邸で話す凛。 「あいつでも、ガラクタみたいなものを捨てられなくて取っておくのよ。自分の物なんて殆どないのに」 士郎と盛り上がってるところに桜が来る。 「それ、アーチャーさんから頂いたんですか?」 凛の持っている翡翠に似たに気がつく桜。 一連をもう一度話す凛

Twitter雛鼠@10/7東3ゼ50a@hinanezu_fo

返信 リツイート 13:38

*天然アクセサリー*赤翡翠のブレスレット by ShopRolo_yuki minne.com/items/9914618 ハンドメイドマーケットminne

TwitterShopRolo❀侑李❀ハンドメイドママ@rolo_hand_yuki

返信 リツイート 13:00

ハイドログロッシュラーガーネットは、南アフリカのトランスバールで採掘されるで、「アフリカ翡翠」「トランスバール翡翠」と呼ばれます。 大量に流通している翡翠に比べて、価値は1000分の1になります。翡翠は類似が沢山あるので、鑑別書付きを購入してくださいね🧐

Twitter小山慶一郎🌈RECARAT@keiichiro_oyama

返信 リツイート4 12:58

返信先:@u5girl 日本の小売店だと、故意に流入させることはありませんが、翡翠だけを取引する市場(いちば)では意図的に混入させられることがあります。翡翠は類似が沢山あるため、鑑別書が付属することがマストです📝

Twitter小山慶一郎🌈RECARAT@keiichiro_oyama

返信 リツイート1 12:23

翆玉(エメラルド)も翡翠(ジェイド)と同じく五月の誕生だ。……濁った翡翠はエメラルドには程遠いがな

翡翠として持ち込まれたリング。値札にも翡翠と… 実はハイドログロッシュラーガーネットというです。色ムラも色味もそっくりなため、昔は翡翠と間違って販売されてました。 黒い斑点(磁鉄鉱)が見えるのが一番の特徴🔍 アフリカ翡翠と呼ばれることもありますが、翡翠でなく天然ガーネットです🧐 pic.twitter.com/esM92U2XEO

Twitter小山慶一郎🌈RECARAT@keiichiro_oyama

返信 リツイート53 12:01

返信先:@kanon_rosario 翡翠は眺めても触っても癒される素敵なですよね♪ joyさんも知っておりますよ~、扱われているもお写真の撮り方も素敵ですよね(*^_^*)

の在庫を時折こうして眺めるのは好き。光に透ける色合いが堪らない。 緑水晶、翠翡翠、フローライト、カルセドニー、アメジスト、ラブラドライト、ルナフラッシュ……大好き pic.twitter.com/XMh3NXZNcD

Copyright (C) 2018 東洋の宝石翡翠の秘密. All Rights Reserved.